費用が安くて済む納骨堂|事前に準備を行おう

選定先のタイプを知る

霊園には公営・民営・寺院境内があります。応募資格のある公営、比較的自由な民営・宗教と宗派を定めているのが寺院境内です。埼玉の霊園はすべてのタイプがありますので、周辺環境を含めて事前に確認してからの選定が良いでしょう。永代使用料は土地レンタルの料金です。一式支払いで維持費不要の永代供養墓もあります。

永代供養のメリット

数珠

ずっと安心のお墓

一般的に、永代供養とは、管理者が責任をもって墓地を永代にわたり管理・供養することをいいます。多くの場合、納骨堂等に安置され、年忌時やお彼岸などには法要を行ってもらえます。納骨堂とは、室内などに遺骨を納めることのできるお墓のことですが、近年、納骨壇タイプのものや、ロッカー式のものなど、形式は多様化してきています。そして、通常の墓地を購入することに比べると、費用が少なくて済むのも特徴です。様々な事情・理由によってお墓が遠方にある場合、頻繁にお参りや掃除に行くことは難しく、その結果、無縁墓地のような状態になってしまうことも少なくありません。管理料を納められないなど、場合によっては、墓石を撤去されてしまうこともあります。また、通常のお墓であれば、毎年墓地の管理料等を納めることになりますが、永代供養の納骨堂などであれば、一式の費用を前もって支払うことになるので、後々の費用の徴収が無いのが通例です。そして、家族などに代わって管理をしてもらえるため、子どもに迷惑を掛けたくないという人や、自分のお墓の承継者がいない人であっても、安心して入ることができるのです。管理者である寺院や霊園などによって、契約の期間や費用、供養の回数や時期などは様々ですので、申請をする際に確認をしておく必要があるでしょう。そして、納骨堂は交通の便が良い場所に建てられていることが多く、また屋内であるため、いつでも快適にお参りすることができるのです。

線香

終活の際の墓選び

残された家族の負担を少しでも減らすために、終活の際にあえてお墓を作らないという人が増えています。この場合京都のお寺が永代にわたって供養を続けてくれるという永代供養を利用することになります。この方法、お墓を作るよりもかなり費用を抑えることが出来るためおすすめです。