費用が安くて済む納骨堂|事前に準備を行おう

終活の際の墓選び

線香

お墓を作らないという選択

核家族化がどんどんと進んでいく中、最近では墓守がいない無縁仏も増えてきています。本来であればご先祖のお墓は残された遺族が世話をしていくものですが、お墓と住んでいるところが離れすぎていて、もしくは年齢に伴いそれが難しくなっているという人も多いのです。そのままの状態が続けば、いずれは世話が行き届かないままお墓が放置されてしまう事態も引き起こされます。そこでおすすめとなってくるのが京都の永代供養です。永代供養とはお寺が遺族などに代わって永代にわたって供養をし続けてくれるもののことです。変にお墓を残してしまうと後々になって遺族の負担となる可能性もある、そう考える人の中には就活の際にあえてお墓を作らない選択をする人もいます。実際に、ご先祖のお墓を移動させたり、なくす場合にはいろいろな手続きやお寺への申請が必要になります。それにプラスして移動距離が長ければ長いほど費用も加算されていくことになるため、それならば最初から京都の永代供養を利用したほうが賢い方法ともいえるでしょう。京都の永代供養を利用したからといってお墓を作った場合とそう大差はありません。京都のお寺によっては遺族がお参りしやすいように独自のシステムでご仏前を用意してもらえるところもあります。もちろん、そのグレードによっては金額がプラスされていくことにはなりますが、それでも一からお墓を用意するのに比べれば費用は安く抑えられるのです。出費を抑えるだけでなく残される家族への配慮として永代供養はベストな方法だといえます。