費用が安くて済む納骨堂|事前に準備を行おう

選定先のタイプを知る

お墓

安心してお参りするために

初めての霊園選びは基準がわからず、難航も珍しくはありませんが、納得いくまでの選定作業が大切といえます。コロコロと場所を変えるのでは費用がかかるだけではなく、お参りに来る家族や親せきにも影響があるからです。埼玉は交通利便性の高さから霊園の選定場所として人気があり、県外の利用者も多い地域となっています。選定場所として魅力のある埼玉ですが、まずは、公営・民営・寺院境内の違いを理解すると良いでしょう。公営は主に自治体が主体となって運営されるタイプで、地域の在住期間といった応募資格があるため、利用が限られている霊園です。ただし、各自治体にありますので、誰かが不利になるわけでもありません。民営は公益または宗教法人が運営し、広めの区画で契約できたり墓石デザインが自由だったりのメリットがあります。また、施設が充実しているケースも多くみられ、満足度の高さがポイントです。寺院境内は運営元の信徒である必要があるため、応募資格は一部に限られます。タイプ別の霊園・墓地が豊富な地域の埼玉は、市街地・緑地といった周辺環境も含め、選びやすさが抜群といえるでしょう。埼玉の公営・民営霊園ともに、宗教・宗派を問わずであることがほとんどですが、寺院境内墓地のように指定されている場合もあります。費用は主に、墓石料金・管理費のほか、土地使用費にあたる永代使用料です。霊園にお墓を建てることは基本的に土地を借りるという意味ですので、永代使用料はいわば土地のレンタル料となります。このほか、永代供養墓のように、一式料金を支払って維持費のかからないお墓も埼玉の霊園で利用可能です。